レンタカーの歴史|羽田空港からも利用できるレンタカーで旅の幅を広げよう

羽田空港からも利用できるレンタカーで旅の幅を広げよう

男女

レンタカーの歴史

女性達

現在、主要な駅周辺や空港の周辺には必ずといって良いほど、レンタカー会社の店舗が立ち並んでいます。このように、現在はとても一般的な存在になっていますが、日本におけるレンタカーの始まりは、1950年頃とされています。ところが、創成期には事故やトラブルが多かったため、一旦は衰退していきました。そして現在のレンタカーにつながる本格的な事業が始まったのは、1965年頃だと言われています。この頃から、大手自動車メーカーが母体となったレンタカー会社が設立され始め、その認知度も広まり始めました。さらに2000年を過ぎると、ガソリンスタンドなどの格安レンタカー事業や、カーシェアリングと呼ばれる短時間で低料金のレンタカーが業界に参入し始め、価格競争が激しくなっています。

現在はガソリンスタンドの格安レンタカーや、コインパーキングやマンションの駐車場で利用が可能な、会員制のカーシェアリングと呼ばれる低料金のレンタカーが、人気を集めています。貸し出し時間が細分化されており、料金もこれまでと比べて低価格の設定なので、既存のレンタカー会社は貸し出し価格を下げたり、サービスの充実で対抗している状況です。低価格に対抗する既存会社のサービスとしては、多地域に店舗を展開する事で実現可能な乗り捨てサービスや、全車にカーナビなどのオプション品を搭載するなどの、事実上の値下げなどがあります。低価格の新規参入業者は増え続けており、現在繰り広げられている低価格競争は、今後はさらに激化する事が予測されます。つまり、より低価格でレンタカーが借りられるような時代がやってくるでしょう。